糖質オフダイエットって何か気になったので調べてみた

糖質オフダイエットってたまに聞きますよね。糖質ってご飯とかパンのことかな?なんかそんな気がします。

よくご飯などの糖質を取らないとダイエットになるって聞いたことがあるので糖質ダイエットについて調べてみました。

脂肪をカットするのは油を取らないので体の脂肪を増やさないからダイエットになる気がします。でも糖質を減らすとダイエットになるのかな?気になります。

糖質って炭水化物のこと?

糖質って炭水化物のことだったんですね。ようするに穀物のこと。日本人は好きですよね。ご飯とかパンとか。カレー屋丼ものもそうですし、とにかく白飯が好き。

炭水化物(たんすいかぶつ、英: carbohydrates、独: Kohlenhydrate)または糖質(とうしつ、仏: glucides、英: saccharides)は、単糖を構成成分とする有機化合物の総称である。非常に多様な種類があり、天然に存在する有機化合物の中で量が最も多い[1]。有機栄養素のうち炭水化物、たんぱく質、脂肪は、多くの生物種で栄養素であり、「三大栄養素」とも呼ばれている。

ウィキペディアより

炭水化物、たんぱく質、脂肪が3大栄養素とあります。さっきも気になった脂肪がありますね。それと一緒に炭水化物も抑えるってことですかね。たしかに脂肪と一緒に炭水化物を抑えるとダイエットできる気がします。なんてったって3大要素ですからね。

糖質オフダイエットは炭水化物を抑えることみたいです。ようするにご飯やパンなどを減らすことです。

じゃぁ何を食べればいいかというと野菜やお肉、お魚ですね。でもお魚を食べればご飯が食べたくなるし、お肉を口にすれば白飯が呼んでいます。

野菜だけ食べるのは納得ができるとして、お魚とお肉を単品で食べるって想像すると結構難しそう。焼肉屋でもまずは白飯って感じですしね。

炭水化物はエネルギーが大きいですよね。スポーツしている人もおにぎりで栄養補給とかやってますし。

お菓子やスイーツを減らしても糖質オフダイエットになります。糖分を取らないようにするんですね。これはわかりやすくて簡単です。

甘いものを控えるのは修行みたいですが、ダイエットしている実感があってやる気になります。でもご飯を控えるのは意味があるのあるのかなぁって思いますね。

今回は糖質オフダイエットはご飯の炭水化物を取らないようにすることがわかりました。ご飯を減らすとお腹が減りそうで心配です。お菓子だったらお腹の調子も想像できますけど、ご飯を減らすと大丈夫かぁって思います。

ご飯が大好きな人にとっては糖質オフダイエットは辛いんじゃないかなぁって思いました。

コメント